マンション?アパート?どっちがいいの?

マンションの方が頑丈で周りの影響は少ない

マンションかアパートかで悩んだときには通常はマンションの方が頑丈になっていることは覚えておくと良いでしょう。厳密にマンションとアパートの区切りがあるわけではありませんが、鉄筋コンクリート造になっていて耐震性も高いものが多いのがマンションの特徴です。隣の部屋との境目になる壁や床、天井なども厚めに作ってあり、互いの生活音があまり気にならない設計になっている場合も多くなっています。設備面でもエレベーターがあったり、エントランスにセキュリティーが設けられていたりして過ごしやすい環境が整えられているのが一般的です。共有スペースも広くて充実している物件も多く、自分の好みに合ったものを見つけやすいのも魅力でしょう。

アパートの方が家賃は安い

アパートはマンションに比べて劣っているかというとそうとは限りません。建物が比較的簡素になっているものの、通常は耐震基準を満たしているので地震などで倒壊してしまう心配はあまりないのが実情です。設備はあまり整っていなくて築年数も古いものが多いですが、アパートはマンションに比べて家賃が安いのがメリットになります。ほとんど変わらない広さの部屋が半額近くで借りられるという場合もあるため、家賃を安くしたいという人に向いているのがアパートです。マンションのように共有設備が充実していない分、その維持管理にかかる費用を徴収されなくて済むため、管理費についてもかなり安くなっています。安く済むためには最良の選択肢なのです。

© Copyright Wise Rental. All Rights Reserved.